FC2ブログ

古畑任三郎ゼロ

葉っぱ隊

葉っぱ一枚あれば良い、そうした安易な発想がときに人生を台無しにしてしまうということを理解するには当時の私は若すぎた。ほとんどそれが唯一の真実であるかのように振る舞い、明るい未来を信じてやまなかった。だが、いま振り返ってみれば本当はそれで良かったのかもしれないし、悔やんだところで今さらどうにかなるものでもない。



目撃者

「わたし、見たんだから」
柴田理恵の証言が決め手となり、男には死刑が言い渡された。冤罪が明らかになったのは刑の執行から三週間後のことだった。



本仕込み

朝はパン、その頃の自分がどうしてそこまでパンに固執していたのか、今の由樹には全く思い出せなかった。その頑迷さのせいで何度も人と衝突し、離れて行った友人もいた。パンパパン、何気なく口にしてみると、そうした苦い記憶が呼び起こされ、強い後悔に襲われた。

由樹はトーストを頬張った。トーストは、自分の気持ちとは関係なくいつも美味しかった。



友達の彼

ゆきちゃんのカレシはちょっとヘン。携帯はいまだにガラケーで、しかも通話機能しか使わない。服は一年中白シャツで、必ず第一ボタンまで留めている。お風呂に入るときは石けんもシャンプーも使わないらしい(もともと肌を守っている油まで失われてしまうとか)。でも、ゆきちゃんはとても幸せそうで、ホントはめちゃめちゃ羨ましい。





「いつかテレビでやってたみたいにヒッチハイクで北米を横断しよう」 彼は冗談混じりに話していたけれど、私は本気だった。彼とならどんなことでも出来るような気がしていた。 今、私は西船橋にひとりで住んでいて、ジャングルジムの一番上から下にいる小学生におしっこをかけることだけが楽しみだ。



ヘチマ

女は働いている幼稚園で最もよく育ったヘチマをもぎとると、たまたま近くにいた園児の頭めがけて思い切り振りおろした。ヘチマは粉々に砕け散った。
女は自分で自分の人生棒に振ってしまった。そうなることは分かっていたのに、どうすることもできなかった。



高橋英樹氏への反論

正解は越後製菓ではない。



読み聞かせ

おじいさんは山へ柴刈りに、おばあさんは川へ洗濯に出かけました。ふたりは独立した関係を保ち、互いに依存することがなかったので、子を成さずとも、おじいさん、おばあさんと呼ばれる歳まで共に暮らし続けることが出来たのだ、それこそが夫婦円満の秘訣なのだ、とおじいさんは信じていましたが、おばあさんの方はもう随分前から全部がどうでもよくなっていて(もうおばあさんだし)、かと言って積極的に死にたいと思えるほどの気力も持ち合わせておらず、毎日、このまま目が覚めなくても全然良いんですけどね、と思いつつ床に就き、ほのかな絶望と共に目を覚ましていました。良好な人間関係というものの多くは、実のところ、こうした幸福な誤解に基づいているのではないでしょうか。

そう締めくくって母は私を寝かしつけた。それがいつのことだったかは覚えていないが、その昔話が母の創作であったことは間違いない。娘の私から見てもきわめて仲むつまじい夫婦と思われた父と母であったが、当人たちにしか分からない軋轢があったのだろうか。あるいは物語の内容と、その語り手の内面を混同すべきではないのだろうか。いずれにせよ、夫婦であれ親子であれ、他人のことを理解するなんて到底できっこないのだ。

そんなことを考えているうちに電車はテレコムセンター駅に到着した。女は東京お台場大江戸温泉物語に入場し、都心にいることを忘れさせてくれるダイナミックな温泉に癒され、「江戸寿司」でお得な盛り合わせメニューを堪能した。

みなさんも一度訪れてみてはいかがかな?


ログ

マルシア さんが退出しました。



三谷から送られてきたメールに書かれていたのは9つのほとんど意味をなさない文章の塊だった。これのどこが古畑任三郎の前日譚の概要なのだろうか。彼の才能はすっかり枯渇してしまったらしい。事実、その後本人に会ったときも、寄り目でゆっくり舌を出しながら「ごぼうって棒?」と聞いてくるばかりだった。彼のような素晴らしい才能を失ったことは、日本にとって大きな損失だ。

スポンサーサイト
[PR]

Unforgiven

本当はとうの昔に許していた。今となっては、どうして許さなかったのか、そもそも何を許さなかったのかすら思い出せない。ただ、許してしまって、許さなかった頃の自分を否定してしまうことだけは許せなかった。許さない時間が長くなればなるほど、後戻りできなくなり追い込まれていった。許していないと自分に思い込ませて生きて行かなければならないのが辛かった。かつて許さなかった仲間たちも、今ではすっかり許してしまっていて、許していないのはもはやこの世界で自分だけだった。どうしてこんなことになってしまったのだろう、どうしてもっと上手く生きて行けなかったのだろう、しかし今となってはもうどうでもいい。あたしゃこの世界に許されることはなかったんだ。もう終わりにしよう。




ここで浅香の手記は終わっている。

メテオやめてお

 進路希望提出の締め切りが迫ってるのにまだ何も書けてない。やりたいことなんて何にもないから。この、漠然とした不安によってマジのヤバい状況からは隔てられている高校生活がいつまでも続いてくれればいいのにと思う。
 勉強が出来ないわけじゃないからやる気さえ出せばそこそこの大学には受かるだろうけど、学びたいことも特にないし、いわゆるキャンパスライフへの憧れもない。みんながみんなそうじゃないってことは分かってるけど、大学生って自分たちが世界の中心みたいな顔してつまんないことを大声でしゃべって周りの人に迷惑をかけているイメージしかないから。
 親に頼らずに暮らしたいけど働くのは絶対イヤ。自分が会社で働いているところなんて全く想像できない。でも、就職面接については、ウソの志望動機や無理やりひねり出して誇張した自己PRを当然みたいな顔して話さなければいけないんだよな、なんてやけに具体的に想像してしまって今から落ち込んでる(自分でももったいない性格だと思う)。
 こう言うと何だか絶望しているように聞こえちゃうかもしれないけど、そんな大げさなもんじゃなくて、なんかもう全部めんどくさいって感じ。絶望の基礎になる希望すら持ち合わせていないというか。死んじゃったら楽しいも苦しいもめんどくさいもなくなっちゃうからそれもいいかなとも思うけど、自殺なんかしちゃうとやっぱり大げさ過ぎるし、逆に青春してるみたいに思われたら恥ずかしい(死んじゃったら何も思わないって言ったばっかで矛盾してるけど)。いや、そもそも怖いのとか痛いのとか苦しいのとかめっちゃイヤだし。だからもうそんなこと感じるヒマもないくらいの、たとえば地球が大爆発とかしちゃって世界の終わりが来るのがベストかも知れない。自分さえ良ければいいと考えてるようなどうしようもない人たちも道連れに出来るし。

 そんなことを考えながら退屈な世界史の授業を聞き流し、教室の窓からぼんやりと外の景色見ていたミホは、空が急に赤く染まり、強い光があたりを包み込むのを目にした。

 いそぎんちゃくとひと悶着、カナブンの親分、ヘルコンドルも喜んどる、サイン会無いんかい、爺さんのビーサン、とんかつの婚活、Zepp Tokyoで丁稚奉公、タキシード斜面、1リットルのなにか、ベロニカは汁物にした、しかしながらのソース焼きそば、トマトタケル、唖(おし)のカービィ、金融腐蝕列島 自宅、ポポロクロイスそのあたり、サンプルの多さ ターちゃん、生きろそなたはラブマシーン、汚れちまつたお刺身に、七瀬むささび、精神と鳥の餌、容姿びんびん物語、ものすごい水の底から、Adobe見た花の名前を僕達はまだ知らない、死ぬ間際ファミリー、アースミュージックアンドクソジジイ、発掘あるある外耳炎、スターどっきりたぬき王国、サイボーグペロペロパイン、木工用音頭、当たり前田のSWAGGER、弊社恐怖症、カステラ一番電話は二番汝のおやつは文明堂、卒業写真のあのヒトラー優しい目をしてた、高気圧はピーナツたちの交差点、俺は東京生まれジップロック育ち、伊代はまだシュードラだから、うれしい!たのしい!ライ麦!、ほっかほっか亭に進路を取れ、バイブ告発、向かうところ照り焼き、平等院構造上、竹を割ったような生活、ノアの鳩胸、泣くようぐいす経験上、俺のひざかけを越えてゆけ、DIR EN GREYの肖像、なんの小錦、曲がったことが大嫌い 原田iOS、生理的にブギ、うる星泰葉、内縁のツナ、ただのヤバいばあちゃん、両津パン生地、根菜の食べられない固さ、気は優しくて日野日出志、非核チャングンソク、光とチャゲ、養子エンクミ、西から昇ったお日さまが東尾修、101回目の久保こーじ、ギニュー六千回、ポツダム千円、ぼくの細道、新弟子の保身、ラゾーナ手羽先、いろはに公明党、かっぱevidence、フェミニーナ乱交、ほっけの幸い、ほぼ日手錠、VANSの川、聖闘士製薬、幽遊歯クソ、マッドマックス 怒りの別行動、ぴんから塗料、なるほどライトメンソール、NO MUSIC, 購買部、ほっこり砂丘、五分五分の実、そりゃそうじゃの花の色、たそがれ生命、お布団レッドソックス、奥多摩は魔女、オコ研ティライミ、豚の交尾実篤、村上歯茎、C-3なめ子、コサキン・フェニックス、大川UFO、はみがき潤一郎、うしじまいい魚籠(びく)、国分ライチ、トナカイ一機、シャツたか子、オーギョーチ奈々子、大江ペンタブ郎、かりんとうイーストウッド、トミーズNASA、つまり枝豆、ラッシャー屍(しかばね)、林家ボム兵、グッチ友情、フルーチェ東子、美空左、薬師丸火の粉、モデムのはな、芋煮美幸、綾小路君が代、ダチョウ部落、アジャ昆布、さすまた州和、WANDSさゆり、火山オールスターズ、根性まなみ、寿司屋アンナ、人間万事ダイオウがイカ、桃栗三年有馬記念、いいくに作ろうトリケラトプス、国破れて何かあり、くたびれ損のメタモルフォーゼ、一富士ニ鷹パン祭り、三人寄ればポン酢のジュレ、ハムのガム、鳩の後、ナスのカス、たこの過去、カステラポテトうんちハンバーグオーケストラ

 ミホは瞬間的に126個のダジャレとひとつの存在しない言葉を思いついて死んだ。ハァ?って感じのキモい隕石が衝突して地球は消滅したのだ。
フォローしてね!
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
記事検索
リンク
QRコード
QR
問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: