FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10円でなめなめ

 駅前で革靴のすれた部分なめなめ業を営む森さんは、1回10円というお値段(激安)もさることながらその寡黙で真面目な仕事ぶりからみんなから大評判でありました。
 森さんにはただ一人の友達がいました。いつも肩に乗せているセキセイインコです。名前はわかりません。森さんが革靴をなめなめする時、そのまま肩に乗っていると落ちてしまうので背中にちょこちょこ移動する姿がこちらも大評判で、お客はその姿を見て、
「森、もっとなめろ」「一流企業の味がするだろう」「唾液が少ないな、年か?」「ついでに紐もしゃぶってもらおうか」「森もハゲたなあ」と言うのでした。
 セキセイインコもかしこいもので、お客のよく言う台詞は覚えてしまって、森さんが土下座の体勢で一生懸命なめなめしていると、背中の上で足踏みしながら、
「森、もっとなめろ」「その二つぶらさがってる飾りもまとめてしゃぶってもらおうか」「僕、これからピアノの発表会なんだ。うんとなめておくれ」とおしゃべりするのでした。
 森さんはほとんど無駄口をたたかず一心不乱になめなめするのがかなり好印象でしたが、時々苦いものがあるらしく一言「苦い」とつぶやきました。
 今年の大晦日も、森さんはいつものとおり、革靴のすれた部分なめなめ業をするため駅前に頭を下げて座り込んでいました。
 一年間ためたお金でお正月にカニを買って食べるのが森さんの楽しみでした。しかし今年は東日本大震災のこともあり、森さんにかけられる同情は募金箱に入ったり人々のお腹に飲み込まれてしまったようでした。森さんは震災の被害を知らなかったので、どうしてだろうと不思議に思っていたかもしれません。あの地震の時もいつもと変わらず、森さんは靴をなめていたものです。
 カニを買うにはお金が足りないものですから、森さんはいつにも増して深々と頭を下げていました。ダンボールの切れっぱしに書かれた「10円でなめなめ」の文字はもうかすれて見えませんでしたが、いつもより少し前に出していました。ところがそれは、8名ほどの学生の集団、そのリーダー的存在の学生に大げさなフォームで蹴っ飛ばされて、いかにも愉快そうな笑い声にまぎれてどこかにクルクル飛んで行ってしまいました。森さんは耳も悪いですし、お金が欲しい一心で一生懸命に頭を下げていて、ダンボールがどこかにいってしまったことに気づきませんでした。
 そのまま何時間も頭を下げていた森さんでしたが、年末の大晦日、駅前の人通りも少なく、誰もがみんな買い物袋を両手にさげて通り過ぎるばかり。 あたたかい家に帰る人ばかりでなかなかお客はつきません。
 先日、隣町の乞食とおそろいであることが発覚した森さんのズボンはずいぶん穴だらけです。上はお客様に施してもらったユニクロのヒートテックを着ているとはいえ、それ一枚では凍えてしまいます。
「しかもVネック」
 破れた軍手で作った服を着たセキセイインコも背中の上で力なくさえずりました。
 忍耐の人である森さんもこらえきれなくなったのでしょう、老体にムチを打って立ち上がり、震える足取りであたたかい缶コーヒーを買いに行きました。自販機の光に吸い寄せられるように横断歩道を渡っている時、飛び出してきた軽自動車に轢かれて死にました。
 騒然とする年末の街角では人々が、すぐそばの信号機にとまったセキセイインコが「カニを知ります」としきりにおしゃべりを繰り返すのを聞いたといいます。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

高木美保ロングインタビュー「今、子供たちに伝えたいこと…」

153top.jpg


今、最も動向が気になる女優。高木美保さんにロングインタビューを慣行しました。
女優なった経緯、農業への思い、そして高木美保さんのライフスタイルに迫ります!

かわはぎ「あ、あうぁ……」

高木「女優になったきっかけは大学付属の中学からエスカレート式に大学に入ったものの、つまらなくなって中退。たまたま女優志願の友人にオーディションに誘われ、ついでに受けたら合格してしまったというのが、女優業の始まりなんです。」

かわはぎ「………」

高木「その友人は、すぐに稼業を継ぐために辞めてしまい、一人残されてしまった私。最初は出演するより、制作する側になりたかったし女優には向かないとずっと思っていました。」

かわはぎ「……う……」

高木「30才を過ぎたころから演じるのに疲れてしまって、もう女優は辞めようと。でも、いつも周りの方々の絶大なる理解のもとに好きな方向に進ませてもらい、本当に感謝しないといけないなと思っています。」

かわはぎ「…好きな食べ物はなんですか?」

高木「女優になって、いつも父から言われていたのは、一人の人間として成立しなければ、女優になる資格はないということ。だから、忙しくても月に五冊は本を読むこと、新聞やニュースには必ず目を通すことは、常に自分に課していました。」

かわはぎ「いい天気ですね」

高木「本を読むのは、子どものころから大好きですが一番影響を受けたのは五木寛之さんの「朱鷺の墓」ですね。この本に出会わなければ、世の中のウソやゴマカシを見て見ぬふりしかできない人間になってしまっていたかもしれません。」

かわはぎ「エルヴィスは実は死んでないって本当ですか?」

高木「映像より文学の世界の方がスケールも奥行も自由に想像できますから。自分が演じる側になってみると、台本の内容が浅く感じたり、何かもの足りないと思ってしまったんです。」

かわはぎ「好きな食べ」

高木「今、私が1番伝えたいのは、自然と人と農業のつながり。人がどう生きて、どういう農業をすれば地球を守ることができるのか。」

かわはぎ「エルヴィ」

高木「世界中で、農薬や化学肥料などの農法で、土と水が汚されています。生命よりも経済性を優先する人間の欲が、自然の生態系をも狂わせている。もっと、地球全体を考えた農業を国が奨励してほしいと思いますね。」

かわはぎ「付き合って下さい…」

高木「最近は、キレやすい子どもが多くなり、自然との触合いが大事だとよく言われますが、子どもよりもまず親が変わらなければいけないと思います。」

かわはぎ「ドコモですか?」

高木「私は、仕事よりもお金よりも、自分が大好きっていう大人が増えれば、子どもは健全に育つと思うし、日本は変わると思います。」

かわはぎ「メ、メアド」

高木「もっと自然に生きること。心配するとその通りになるし、大丈夫って思えば大丈夫になる。無計算、無防備が一番楽(笑)。自然のままに生きれば、自ずとうまくいく。人間って本当はそんなふうにできているものなんでしょうね。」


岸本Kの恋

 柔道部が全員狙っている女、綾野佳澄。彼女をコンピュータ部だけど狙っていたのが僕、岸本Kってわけだ。
 確かに、肉弾戦となれば勝負にはなるまい。柔道部と言うのは何をするかわかったものではない。一度、「岸本K 対 柔道部員総勢50名」の勝負をコンピュータ部が誇る精巧なシミュレーションシステムにかけてみたことがある。これは、20年前の先輩からうなぎのタレのようにつぎ足しつぎ足しで色々な機能を追加してきた超高性能システムであり、メモ帳のアップデート履歴は6mを超えている。堂々のシェアウェアである。
 それにより、僕が自動車にたてこもった場合、約20分で自分から出てきてしまい主将に巴投げをされて草むらに5m飛んでいくことがわかった。僕が画面の外に飛んでいくのを見届けると、一緒に見ていた顧問の先生が「よし帰れ」と言うので僕は泣いた。
「最後にこれだけ」
「本当に最後だぞ」
 意を決して柔道部の主将の必殺技、巴投げの威力を単品でシミュレートしてみたところ、巨大カボチャが10m飛んでお化けトンネルの中に消えていった。僕は我が身悲しさに涙をこぼした。

kishimoto1.jpg

 お話の途中に筆者が3年ぐらい前から熱心に追いかけていたAV女優の写真が入り込んでしまいましたね……。
 しかしその絶望と同時に、どういうわけか僕のチンチンは例の鉱物の結晶のような形をしたおかきのように硬くなり、どうにも止まらない恋の衝動を知らせていた。
「巴投げがなんだっていうんだ。巴投げが怖くて、恋ができるかよ! 同い年のスポーツマンどもめ、許さん!」
 僕は学校を半年休んで、自宅でシミュレーションシステムをより高精度なものへと際限なくアップグレードしていった。学校を休んでるし、あと若いからという理由だけで出来ることではないと自負している。一度、暇つぶしに将棋のルールをインプットしてみたところ、羽生善治のスクリーンセーバーが自動生成され、三日後に自ら削除された。よくわからないが、自分がとんでもないものを創り出していることがわかった。そして半年後、全てのシミュレーションが終わった。
 ヒゲぼうぼうで半年ぶりに登校した僕は、職員室にも顔を出さぬまま、綾野さんに自分の思いを伝えようと彼女の下駄箱に手紙を入れて体育館裏に呼び出した。自分でも、こんな大胆なことが出来るなんて本当に驚いた。6ヶ月と口で言うのは9ヶ月と言うよりも少しだけ簡単だが、人間が一変するには充分な時間であると言えよう。
 寒空の下、コンピューターがきっかり7秒の計算によってはじき出した一番かっこいいと思われるポーズ、壁ぎりぎりの立ち膝で待っていると、やって来たのは柔道部だった。
 鍛えに鍛えた腕と腕。足、足、足などがまず目に入った。その前に柔道着が目に入った。こいつらが全員、綾野佳澄を狙っている柔道部だ! 数が少ないと思ったら、半年休んだせいで3年が引退しているらしく、巴投げをする主将もいないようだ。これはシミュレーションになかった。
「まず、彼女の靴の中敷を返しな!」
 柔道部が全員で叫んだ。僕はなぜか勝てるような気がしていた。あとイライラしていた。高らかに怒声を返した。
「中敷は僕の膝の下だ! そんなに欲しけりゃ得意技の力ずくで取り返してみろこのバカ!」
「岸本、お前、留年してるぜ!」同級生の半田が言った。
「好きな女が上級生になる! 興奮する! 来い!」
 僕は自信満々に言い放った。とはいえ、柔道部たちの飛びかかりの速度は予想を超えている。毎日やっているという感じがした。猿の動きが毎日すばやいのと同じように、毎日やってるからこんなにすばやくなる。猿のように毎日をすばやく過ごせるようになる。
 でも、それを言うなら僕もコンピューターを猿のように毎日やっていた。シミュレーションに寸分の狂いなし。全・柔道部の全・手は毎日の競技習慣(=柔道バカ)によって、立ち膝状態の僕の頭上、髪の毛をわずかにかすめて空を切った。
 そして柔道部は一匹残らず、壁に指をぶつけて突き指した。背後の白い壁はあっという間に肌色の指紋だらけとなり、ところどころ、僕の髪の毛が埋め込まれた。
 そして、スーパーコンピューターによる、一人ぐらい必ず間違った知識を言う奴がいるという計算結果に基づき、柔道部の一人が「突き指のときは指を伸ばすといいぜ!」と痛めた指を伸ばしながら呻き、全員あちらこちらで指を伸ばし始め、やがて全員ゆっくりと仰向けに気絶した。
 僕はその光景を見下ろし、
「計算通りとはいえシュールはシュールだな……」
と顎のあたりの汗を手首でぬぐいながらため息をつき、仕上げに深く口呼吸した(蓄膿症)。すると甘い芳香が喉の奥から微かに、鼻の中の鼻スレスレの部分へ侵入してきた。
 わずかな匂いを頼りに、漠然とフローラルシャンプーの香りだろうか……? 脳味噌が発酵するが速いか、ご先祖・野獣の本能が僕を鼻から振り向かせていた。そしてやや遅れてきた僕の目に、制服姿の綾野佳澄の姿が目に入った。
 と同時に、何か衝撃的な丸みに僕の目玉を突き刺された。制服の下、下腹部に浮き上がった不自然な丸み。

kishimoto2.jpg

 すいませんまたですね…。また僕の追いかけていた女優が……。
「う、うわーーーーーーーー!!!」
 僕の大好きだった彼女は妊娠していた。
「ロック部の山口君と……」
と彼女が言いかけたせいなのかはわからないが、カセットテープを再生するような音とともに、僕の目からどす黒い濁った血液が、『最終絶叫計画』のように勢いよく噴き出した。必然的に、僕は「出すことの良さ」のようなものを目元に感じながら失明した。
「ぎゃああああああああああ!!!」
 目の幅から弱いジャグジーほどの威力で噴き出る血液を左手首で受け止めながら、僕は慌ててバックポケットから細長いパソコンを取り出す。慣れた手順でシミュレーションソフトを起動させ、脳裏に赤くひらめいた謎の文字「妊娠10ヶ月 臨月ハメ撮り」をタイプしてエンターキーをはじきつつ、胸ポケットから1m延長コード(アナログ)を取り出した。
 卑猥な形でキラリと輝いているに違いない一方の端子をパソコンに、もう一方を右耳に、こちらは肉の手応えを感じるほど強く差し込んだ。
 ブツッとくぐもった音がして、外部の情報を極力遮断され、クリーンな感覚受容体となった僕。フローラルシャンプーの香りも今はどこか生気の感じられない鉱物じみた血の臭いにかき消されていた。
「機械の体で見えた。見えてきたぞ」
 かつてない計算処理速度で動いているはずのコンピューターの画面(というか僕の頭の中)には、!や?、$マークやハートマーク、意味わかってないギリシャ文字などお馴染みの面々が次々と登場し、時々チーンジャラジャラジャラという愉快な音がするばかり。自分の口がへの字になったことがどこからともなくわかった。
「お前が目をそらすから……」
 そんな声をマイクとスピーカーから双方に聞かせ合っている。
 やがてキーボードの「半角/全角」のあたりから暖かな煙が上がり始めるのを顔全体で感じ、どこからともなくWindowsが終了する音が流れた。そろそろだと脳が悲しく収縮する。
 同時に次の画面がギリギリセーフで脳に送り込まれてすぐ消えて、僕は体育館裏、取り返しの付かない恥の片隅で絶望して死んだ。

kishimoto3bonyuordie.jpg
フォローしてね!
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
記事検索
リンク
QRコード
QR
問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。