FC2ブログ

始まりの海

混み合ったエレベーターの中で、他のフロアに荷物を届けに来た運送業者の男の後ろ姿を目の前にして私はもう少しでその広い背中に腕を回して顔も分からない彼のことを抱きしめているところだった。危ない。そして否応もなく気付かされたのだ「わたしは男に飢えている」。

その夜わたしは自宅で四股を踏んだ。後の大関、千代大海の誕生である。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

フォローしてね!
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
記事検索
リンク
QRコード
QR
問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: