FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユメコのお礼参り

aaa_001.jpg
aaa_002.jpg
aaa_003.jpg
aaa_004.jpg
aaa_005.jpg
aaa_006.jpg
aaa_007.jpg
aaa_008.jpg
aaa_009.jpg
aaa_010.jpg
aaa_011.jpg
aaa_012.jpg
aaa_013.jpg
aaa_014.jpg
aaa_015.jpg
aaa_016.jpg
aaa_017.jpg
aaa_018.jpg
aaa_019.jpg
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

No title

絵が下手なのか上手いのか揺れてる所がかなり良い

No title

メール送ってもシカトするから嫌だ。

No title

確かに良いんだけど、お金を払いたくない

No title

たかさ~んのちっちゃいバ~ッグ

No title

娘さんの話はやめませんか

No title

面白い!

クソッ! ホントに嫉妬する!




交差点までの距離は150メートル。100メートルほど直線道路を走り、
角を曲がったとたん、現場の交差点の中に
1台の大きなトラックが止まっているのが見えた。
どうやらえみるはあのトラックにはねられたらしい。
僕は反射的にどこかで泣いているはずのえみるを探した。だが、えみるの姿はどこにもない。

誰かに教えられたのか、そのへんの記憶はあいまいなのだが、
なぜだか僕は必死になってトラックの下をのぞき込んでいた。
両足が―普通では考えられない向きにへしゃげた娘の足が見えた。
トラックのタイヤがえみるの腰のあたりに乗り上げたままになっている。

とにかくここから出してやらねば。
僕は思わずトラックを1人で持ち上げようとしていたが、
相手は荷物を満載した3トントラックだ。当然のようにビクとも動かなかった。

あまりにも無力な自分に、全身から力が抜け、手がプルプルと震えてきた。
そんな中、僕が見たのは―、
「えみる、頑張れ、えみる」と叫びながら果敢にも
エンジンがかかったままのトラックの下に潜り込んででも我が娘を救おうとする妻の姿だった。

「エンジン早く切れよ!」「救急車、まだ呼んでないのかよ!」たくさんの人たちの
尋常でない叫び声があちこちから響いた気がした。
ジャッキを使っている時間はない。
気がつくと、20人近い人がそこに集まってきてくれて、
みんなで協力して娘をトラックの下から引き出してくれた。



23: 2/2(大阪府):2011/09/21(水) 21:40:55.62 ID:lk4/ZSsX0
>>18
頭蓋骨を骨折していたので、内出血がひどく、顔は腫れ、
うっすら開いた目は出血で瞳の中まで真っ赤になっていた。
医者でない僕でも娘が瀕死の重傷であることはすぐにわかった。
その光景はまさに地獄だった。

それからのことは断片的にしか記憶していないのだが、
救急車に乗り込み、病院の搬入口に運び込まれていくえみるを乗せた
ストレッチャーのあとを、祈るような気持ちでついていったことだけは覚えている。
きっと途中で何度も転んだのだろう。
妻と僕の身体にはたくさんのアザが出来ていた。

「えみるの赤いランドセル 亡き娘との恩愛の記」風見しんご 青志社 P25-28
フォローしてね!
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
記事検索
リンク
QRコード
QR
問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。