FC2ブログ

Unforgiven

本当はとうの昔に許していた。今となっては、どうして許さなかったのか、そもそも何を許さなかったのかすら思い出せない。ただ、許してしまって、許さなかった頃の自分を否定してしまうことだけは許せなかった。許さない時間が長くなればなるほど、後戻りできなくなり追い込まれていった。許していないと自分に思い込ませて生きて行かなければならないのが辛かった。かつて許さなかった仲間たちも、今ではすっかり許してしまっていて、許していないのはもはやこの世界で自分だけだった。どうしてこんなことになってしまったのだろう、どうしてもっと上手く生きて行けなかったのだろう、しかし今となってはもうどうでもいい。あたしゃこの世界に許されることはなかったんだ。もう終わりにしよう。




ここで浅香の手記は終わっている。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

フォローしてね!
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
記事検索
リンク
QRコード
QR
問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: